水回りでは排水管の水漏れの危険性がいっぱい

水回りでは排水管の水漏れの危険性がいっぱい 最近では、大雨、地震、台風などの自然災害による大きな被害が頻発しています。いつ、どこで何が起きても不思議ではないため、日頃から防災についての意識を高めておく必要があるといえるでしょう。災害が起きると一番困るのがライフラインがストップしてしまうことです。なかでも水道管の破裂などにより、水道が止まってしまうと、飲み水やお風呂、トイレの排水などに困窮してしまいます。しかし、その一方で、普段の日常生活を送るなかでも、排水管 水漏れなどの水のトラブルに見舞われてしまうことがあります。
台風や洪水などの被害はないのに、家が水浸しになったり、場合によっては自宅だけでなく階下のお宅に迷惑をかけてしまうこともあります。その多くは、水が供給される給水管のトラブルではなく、水を外部へと排出する排水管のトラブルによる水漏れが原因です。

■衛生面で一番気を付けたいキッチン

キッチンは口に入れるものを調理する場所であるため、家庭のなかで最も清潔面や衛生面に気を付けたいところとなります。しかし、どんなに調理面で気を遣っていても、残飯の汁や食器を洗った洗剤が混じった水や油などが流れる排水管が詰まってしまったり、漏れてしまったりしては、感染症のリスクが高まるような事態になりかねません。
キッチンの水のトラブルでは、蛇口の問題で水が止まらないということもよくあります。ポタポタといつまで経っても止まらない水は音が気になるだけでなく、1日の量に換算するとばかにならないため、水道料金が高くなるという不安もあります。また、それ以上に困るのが排水管の水漏れです。シンク下に大量に水が漏れると、キッチングッズや買い置きの食料品なども水浸しになり、しばらく蛇口をひねることもできなくなってしまいます。

■毎日体を洗うお風呂は清潔に保ちたい
1日の汗と汚れを流すだけでなく、ゆっくりと浴槽につかって疲れをとるリラックスした時間が過ごせるお風呂は、家庭の中で癒やしの場所といえるでしょう。お風呂では浴槽に溜めるお湯、髪の毛や体を洗うためのシャワーのお湯など、1人でもかなりの量のお湯を使います。家族が4人もいれば1日のお湯の使用量は大変なものになります。
毎日体を清潔にするために利用するお風呂だからこそ、きれいな状態にしておくことが大切です。石鹸カスや髪の毛、カビなどだけでなく、換気にも気を付けて毎日きれいに掃除して清潔に保ちたいものです。しかし、毎日のようにでる汚れによってお風呂の排水口が詰まり、その延長線にある排水管が水漏れして逆流してしまうこともあります。

■トイレは汚い場所にしたくない

1日に何回も使うトイレは、家族の数が多いほど使用頻度が高く、家族の数が多いと朝のラッシュ時などは、トイレの水タンクが溜まる暇もないほど、連続して使用することでしょう。汚物を処理する場所であるからこそ、いつも清潔にして臭いや汚れが目立たないように気を付けたいものです。
トイレの水のトラブルでは、水が流れない、水が止まらない、などの給水に関するものもありますが。その一方で汚物を含む排水管 水漏れが大きな問題となることがあります。水が流れない、水が止まらないといった問題は、きれいな水の問題ですが、排水管の水漏れは汚水を含んだトラブルであり、衛生面でも大きなトラブルとなります。

■まとめ
災害などで寸断されてしまうライフラインのなかでも、人間が生きていくために不可欠となる水道の問題はとても逼迫したものとなります。しかし、水道の給水には何の問題もないのに、家の中だけで大きな水のトラブルに巻き込まれてしまう排水管の水漏れは、気象条件に関係なくいつでも起こりうることです。このような水のトラブルは築年数が経過した家で部品の老朽化などによって起こりやすくなるものですが、場合によっては新築間もない家でも起こることがあります。
水回りのトラブルが起きるのは、キッチン、お風呂、トイレが主な場所となります。これまで水漏れを経験されたことがない方こそ、いざとなるとオロオロして対処できないことが多いものです。それぞれの場所によるトラブルの特徴や対処の仕方をよく理解しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース